女性のための防犯ブザー Paskel ピンク

  • 3,900円(税込4,212円)

大人の女性のための防犯ブザー誕生!


防犯ブザーは子どもたちを中心に持つのが一般化してきました。しかし本当は、夜も1人でアクティブに外出することの多い大人の女性にも持って欲しいのです。
でも、防犯ブザーを持っている人は非常に少ないのが現状です。

「どれを選べばいいか分からなくって…」
「デザインがかわいくないから…」
「あきらかに子供向けのものは持ちたくない…」

理由は様々ですが、女性が持ち歩きやすい防犯ブザーがなかったのが原因のひとつでした。

そこで、大人の女性のための防犯ブザー「Paskel(パスケル)」が生まれました。

愛知県警が監修し、創業70年のアクセサリーメーカーであるミレーヌさんがデザイン・制作したので、防犯機能もルックスも、いつでも持ち歩いて使える防犯ブザーになりました。

paskel1

愛知県警の熱い思いでプロジェクトスタート!


大人の女性のための防犯ブザーPaskelの開発の発端は愛知県警でした。

子どもや女性が不審者に声をかけられるなどして怖い思いをする、実際に犯罪被害にあうことは頻発しています。愛知県警はその犯人たちに聞き取りを行なった結果、防犯ブザーの有効性が判明したのです。(出典:愛知県警HP

しかし、子どもたちには普及してきましたが、大人の女性で防犯ブザーを持っている人はほとんどいませんでした。

理由は、持ちたいと思える防犯ブザーがないから。

そこで愛知県警は、大人の女性のための防犯ブザーの開発を決意。地元の女性たち、大学教授、企業などと連携しプロジェクトをスタートさせました。

警察が防犯ブザーの企画・制作を行うのは全国初のこと。苦労しつつ、多くの人の協力を得ながらプロジェクトは進み、Paskelは完成しました。

paskel2

アクセサリーメーカーがつくる防犯ブザーとは?


Paskelのデザインと制作を担当したのは、愛知県の創業70年以上の歴史を持つアクセサリーメーカー、株式会社ミレーヌさん。

アクセサリーの企画から販売まで幅広く手がけてきた会社とはいえ、防犯ブザーをつくるのは初めて。試行錯誤しながらの開発となりました。

大学生、高校生、女性社員。実際に防犯ブザーを使う人たちの意見を大きく取り入れながら試作を繰り返しました。

そしてたどり着いたのが、防犯ブザー付きのパスケースというコンセプト。

単なる防犯ブザーのカバーではない、アクセサリ―メーカーがつくるからこそ、素材から細部までこだわったデザインが生まれました。



防犯ブザーを持つ・使う抵抗感をなくす機能性!


Paskelプロジェクトは、単に「良い防犯ブザー」を作ることだけが目的ではありません。防犯ブザーをもっと大人の女性に普及させることが目的です。

そのため、防犯ブザーを持ち歩くこと、使うことについての抵抗感がなくなるよう作られています。

デザインだけではありません。機能面でも、単なる防犯ブザーを超えた「使いやすさ」があります。

開発前のアンケートによると、大人の女性が防犯ブザーを使わない理由として多かったのが、

「意識過剰だと思われそう…」
「誤作動させてしまうのが怖い…」

といったことでした。

そこで、Paskelは一般的な防犯ブザーに多い、紐を引いて音を鳴らす形ではなく、ボタンを押して鳴らす形になっています。

紐を引く形だと、どこかにひっかけたりして誤作動が起こりがち。しかも、音を止めるのには紐を元に戻さなければならないので手間取ります。

Paskelはボタンとカバーの構造を工夫することで、誤作動を極めて少なくできました。また、万が一の誤作動でも、ボタンを押せば音が止められますので、冷静に対処できます。

paskel5

2種類の音で電車の痴漢にも対処できる新しい発想!


防犯ブザーを持っていても、いざとなると使えないという意見もあります。もしかして不審者かも…と思っても、いきなりブザーを鳴らすわけにいかないからです。

そこでPaskelでは2種類の音を採用しました。

通常の防犯ブザーの大音量で助けを呼ぶ「助けて音」と、
ソフトなメロディー音で周囲の人たちだけに聞こえる「困ってます音」です。

夜道で不審な人を見かけ、まだ距離はあるけどちょっと怖いというようなとき、
電車で痴漢にあって周囲の人に気づいてほしいときなど、
通常の大音量のブザーを鳴らすのには抵抗があるときにも「困ってます音」なら使えます。

音を小さくするという逆転の発想でより使いやすく幅広い犯罪に対応できる、他にはない魅力が加わりました。



防犯ブザーだけど、実はパスケースなんです!


いつでも持っていてもらうことを目指して、Paskelは単なる防犯ブザーではなく、パスケース機能も充実させています。

防犯ブザーだけでは、ちょっとコンビニまでというような外出のときに忘れたり、バッグの奥に入って取り出しにくかったり、といったことも起こりがち。でも、パスケースならば電車の中でも手元にありますし、小銭やカードも入るので買い物のときも忘れません。

携帯性を重視するからこそ、いざというときにも使えるんです。

Paskelの中には防犯ブザーとコインケース、定期や電子マネーなどの入るカードスロットが備えられています。




サイズは横11cm×縦8.5cm×奥行2.8cm、コンパクトな携帯しやすい大きさ。

寸法

カラーバリエーションも豊富なので好みに合わせて選べます。

ブラック・ピンク・イエロー
ベージュ・ホワイトネイビー・ホワイトピンク

Paskelは、まだ防犯ブザーを持っていない人、持つのに抵抗があった人のために作られました。大人の女性にこそ持って欲しい防犯ブザーです。
購入数

上部へ戻る